キッチンリフォームのポイント | 岩沼、名取、亘理でキッチン・台所のリフォームをするなら


台所は家族が毎日使う生活のスペースです。キッチンリフォームをするには、今の台所でどのような悩みがあって、それをどう解決するかが重要になってきます。

壁付のタイプか対面式キッチンかお選びいただけますし、料理中のスタイルや使う方の勝手に合わせたオプションもつけることができます。

しかし、実はキッチンリフォームとひとくちに言っても、機能やデザイン、台所の計上で設置できるキッチン本体の幅も変わり、お値段もスタンダードからハイグレードまで各メーカーが用意しています。マンションにお住いの場合はリフォーム内容に制約が出てくるので、その点も抑えてリフォーム検討を深掘りいただければと思います。

こちらのページでは岩沼、名取、亘理でキッチンリフォーム実績が多数あるもりきゅうリフォームが、台所をリフォームされたい方への基本的な知識から実際に行ったリフォーム実績までご紹介します。

キッチンのタイプと特長を知ろう

台所リフォームで新しいキッチンへの交換リフォームをすることに決まったら、どの形式・タイプにするかを選んでいきましょう。間取りに対しての設置方法やシステムキッチン自体の形状でご紹介します。

台所リフォーム キッチンリフォームのタイプの違い

台所リフォーム キッチンリフォームのタイプの違い

・I型キッチン:Iの字の様に、横長の直線1列でシンプルな形状のキッチン

・II型キッチン:シンクの列とコンロの列が別になった、2列で構成されたキッチン

・L型キッチン:L字の様にシンクとコンロが90度で向かい合う形のキッチン

・コの字型キッチン:コンロ、シンク、作業スペースが一辺ずつバラバラに配置されたコの字型に曲がったキッチン


台所リフォーム キッチンの取り付け方法 メリット・デメリット

対面式

キッチンの前面がリビングやダイニングに向けて設置されたキッチンです。

メリット①料理をしながら部屋の様子が分かります
メリット②圧迫感が無い


デメリット①臭い、油・水ハネがある
デメリット②台所の間取りが広くなる
デメリット③収納力が必要


対面にしている空間の分棚が設置できないというデメリットがあるので、背面に作業棚を設置する・キッチン本体が収納機能性が高いものにするといった対策が選ばれています。
台所に床下収納を設置されるのもひとつの案です。

キッチンのタイプと特長を知ろう

壁付け

壁に向かって作業する様に設置されたキッチンです。


メリット①台所の間取りの制限を活かせる
メリット②配膳が楽になる
メリット③カウンターやスペースの設置でII型キッチン風にもなる


デメリット コミュニケーションが取りにくい


料理中や作業中は壁に面しているため、リビングやダイニングの様子が分かりません。
作業に集中しているとお子様に目が届かなくなる、調理中に台所が孤立し家族の輪に入れず寂しさを感じるという方も多くいらっしゃいます。

このデメリットから今は対面式のキッチンにリフォームすることで、家族とコミュニケーションを取れる台所をご希望される方が多い様です。

キッチンのタイプと特長を知ろう

ペニンシュラ

キッチンの左右どちらかの辺が壁に接しているキッチンです。


メリット①部屋にいる方と台所とのコミュニケーションが取りやすい
メリット②台所の間取りの自由度が高い
メリット③油汚れ対策がされている


デメリット バランスが良い分突出していない台所

ペニンシュラキッチンは開放感を持ちながら汚れ防止の機能がありますが、アイランドキッチンに開放感は劣り、汚れ防止は壁付タイプに劣ります。キッチンリフォームをする際のお悩みで絶対に解決したい事柄がある場合には、中途半端な台所という印象になってしまうかもしれません。

キッチンのタイプと特長を知ろう

アイランド

部屋の中央などに設置され、壁から独立しているキッチンです。


メリット①開放感のある台所
メリット②家事導線がスムーズで複数人で調理ができる
メリット③圧倒的にお洒落なキッチン


デメリット①キッチンが丸見え
デメリット②設置できないお住まいがある
デメリット③価格が高い


アイランドキッチンは壁に設置していない4辺すべてに化粧板が必要になることから、値段が高くハイグレードなリフォームプランになります。キッチンにこだわりがある方に選ばれるケースが多いので、便利な機能や材質にもこだわられるとアイランドキッチンでリフォームされた方の費用相場は100万円~150万円ほどと高額になっています。

キッチンのタイプと特長を知ろう

台所をリフォームする方法として、キッチンのタイプや設置方法をご紹介しましたが、この形式が頭に入っているとご自身で希望されているキッチンのタイプがどの型なのか分かってくると思います。

最近はペニンシュラタイプが人気になってきていますが、実際にリフォームする際は台所を使われるメインの方やご家族の使いやすさが一番重要です。

おしゃれなキッチンだとアイランドキッチンを選ばれても、壁付けのI型を使われていた場合は配置の違いで違和感を感じて後悔してしまうかもしれません。

理想のお料理スタイルや食事風景、今抱えていらっしゃるお悩みを最も解決できるキッチンのタイプを選べるようにもりきゅうリフォームもお手伝いさせていただきます!

キッチンのタイプと特長を知ろう

キッチンリフォームの費用相場

ズバリ、キッチンリフォームの予算は40万円台後半から100万円と幅が広くなっています。主な価格帯は3つあり、相場はこの様な金額です。


ベーシック 40万円台後半~60万円


ミドル 60万円~80万円


ハイグレード 80万円~100万円

キッチン リフォーム 相場

上記はキッチン本体の価格ですので、リフォームをする際は設置するための工事費用、台所の床や壁も一緒に施工する場合は内装変更費用が掛かってきます。

キッチンの位置や間取りを変更するのではなく、キッチン本体自体を同じタイプに交換する場合は本体のみの金額で済む場合もあります。


相場から見るグレードとオプションの違い

システムキッチンに3つの価格帯があるのは、各メーカーのシステムキッチンにグレードがあることが関係しています。

ベーシック:標準仕様では最低限のものが付いているキッチンです。

ミドルグレード:標準仕様で機能が充実してくるグレードです。

ハイグレード:材質や機能が上質なもので構成され、L型かアイランドキッチン等の設置方法も可能になります。


この3つ、メーカによっては2つのグレードで商品展開をしている場合が多く、マンションや賃貸向けのコンパクトキッチンは対応していない商品ブランドもあるので注意が必要です。

リクシルさん、TOTOさん、クリナップさん、、、システムキッチンのカタログを見ていただくとグレードの違いが写真や具体的な設備名でご覧いただけます。

キッチン本体を設備ごとに見てみると、

シンクグレードによって汚れが付きにくい材質や、面積が変わってきます
水栓浄水器付、タッチセンサー式など機能性の有無
コンロコンロ自体の数やグリルの性能、操作パネルがタッチ式のIHなど
部材の材質ハイグレードでは意匠性のあるデザインや高級感のある材質
レンジフード掃除が簡単なだけでなく、自動清掃機能が付いたものもあります
収納取り出しやすいスライド式や手の届く高さになる仕組みが付く

グレードが上がると、ただ調理をするだけではないキッチン、便利でワクワクする機能やオプションが増えるのでキッチンリフォームのイメージが広がっていきます。

しかし、もちろん高品質なものはその分費用もかかってくるので、お住まいや生活スタイルに本当に必要か吟味していただければと思います。

もりきゅうリフォームではキッチンリフォーム価格表として、分かりやすい価格と工事内容をご案内しています。ぜひこちらもご覧ください!

キッチンメニュー


マンションと戸建てキッチンリフォームの違い

台所をリフォームする際に、お住まいがマンションか戸建てかで出来るキッチンリフォーム内容が変わってきます。

マンションリフォームと戸建てリフォームの違いその①

マンションリフォームでは、基本的にその部屋に住んでいる人だけのスぺースである占有部分だけをキッチンリフォームすることができます。リフォーム出来ることは管理規約によって予め定められいて、玄関外の廊下やベランダ、窓サッシや配管位置等はマンションに住んでいる住人の共用部分のため、リフォームできない場合がほとんどです。

共用部分の補修や交換は管理組合が主となり行いますので、管理規約に反するキッチンリフォーム工事をしてしまった場合は、工事停止となり原状回復しなければいけなくなり、追加で費用や工期がかかってしまう上にご希望のリフォームが出来なくなってしまうので注意が必要です。

工事のお問い合わせの前に希望しているキッチンリフォームが出来るか規約を確認されることをおすすめします。

マンションと戸建てキッチンリフォームの違い マンションと戸建てキッチンリフォームの違い


キッチンのリフォームでは、キッチン本体の位置変更は出来ませんが、IHクッキングヒーターへの取り換え、ディスポーザーの設置等はマンションによっては可能な場合があります。

台所、調理空間でのお悩み解決はキッチン本体を異なる形式に交換するだけではありません。

壁付のキッチンが形式を変えられない場合でも、キッチンの並ぶ形で作業カウンターを設置してⅡ列形式にすることでキッチンを広い空間にリフォームすることが可能です。

マンションという制約が入っても、もりきゅうリフォームではキッチンリフォームで出来ることに焦点を当てて、リフォームをご提案させていただきます。

マンションキッチンリフォームと戸建てキッチンリフォームの違いその②

部屋の広さにもよりますが、マンションのキッチンスペースは戸建てよりも狭くなってしまうケースが多いので、ベーシック~ミドルクラスのキッチンタイプ・小さめなキッチンを設置がメインです。

また、キッチンの場所を変更することが出来ないので、リフォーム内容がキッチン本体の交換となり全体の予算を抑えられる傾向があります。

マンションと戸建てキッチンリフォームの違い

マンションキッチンリフォームと戸建てキッチンリフォームの違いその③

キッチン本体を交換する場合は、もとのキッチンを解体し搬出、新しいキッチンを搬入する必要があります。

マンションで1階以上にお住まいの場合は、エレベーターの有無や搬入口の幅によって追加の搬入費がかかる場合があります。玄関から搬入できない場合は、吊り上げて窓から搬入しますが、こちらは戸建ての場合も同様です。



人気のキッチンスタイル

ここからは、マンションで人気のキッチンスタイルをご紹介します。
ここ10年ほどはマンションでもオープンスタイルのキッチンにリフォームされる方が多く、TOTOさんやリクシルさん、タカラさん・パナソニックさん・クリナップさん...各メーカーで定番だった吊戸棚を無くし、開けたな対面カウンターのオープンキッチンが人気です。

対面式キッチンはペニンシュラキッチン、アイランドキッチンなどがあります。おしゃれなキッチンでありながら、収納力に関しては、吊戸棚が無い場合でもその分の収納スペースを背面に収納棚やクローゼットを設置することで解決できます。

人気のキッチンスタイル


しかし、壁付キッチンから対面キッチンにリフォームする場合は、通路分の面積を確保する必要があるためもともとの部屋の面積に対して台所スペースを広げなければなりません。

お住まいのマンションで十分な広さが無い場合は引き出しが開けづらい、狭い、動きにくいなどの弊害が起こってしまいます。この点をしっかり検討して計画を進めるようにしましょう。

対面キッチンにリフォームする場合、キッチン側と背面側の通路幅は、おひとりが使う場合が多い方は約85cm、お子様と調理される場合など複数人で使う場合は約120cmの幅を考えておくと安心です。広さの関係でⅠ型形式へのキッチンリフォームがおすすめです。

人気のキッチンスタイル


最近のシステムキッチンは機能性の向上で新しいキッチンに交換するだけでも収納力がアップします。オープンスタイルが難しい場合でも、I型から最新機種のI型にキッチンリフォームすることで、シンク下の収納が開き戸からスライドストッカー等の引き出しになり、収納しやすく使い勝手も良くなります。

機能性がある分価格が上がりますが、キッチン本体交換のキッチンリフォームでは間取り変更も含めたリフォーム金額よりも値段が低くなります。

その分の金額を、食洗器の設置や性能の良いガスコンロなどのオプション付けに充てられるのも良いかもしれません。

人気のキッチンスタイル


リフォームとマンションの制約 上手な付き合い方

マンションでのキッチンリフォームをされる時の注意点として、隣人の方だけでなく、管理組合と管理人の方にも早めに挨拶されるのがおすすめです。

キッチンリフォーム工事が始まる前に相談や話をしておくことで、いままでキッチンリフォームされた事例や住人の方の話を聞くこともできるかもしれません。

通常、マンションは契約時に管理規約も一緒に説明がされご自身も承認した形が取られています。

しかし、管理規約では細かい規定が無かったり、規約が作られた時と現在で施工法が変わっている場合には規約だけで判断できないケースが出てきます。

その様な場合でも、キッチンリフォーム工事が始まってからのトラブルを回避するために、具体的なリフォームプランが固まってきた段階で管理組合へ確認を取っていただく形が安心です。

リフォームとマンションの制約 上手な付き合い方

マンション管理組合

施工内容や施工時期についての説明と、規約に反しているキッチンリフォーム内容がないかを確認してください。

計画中のリフォームが規約上難しい時は、仕様の変更や施工方法を変えることで同様のキッチンリフォームが出来る場合があります。また、規約に書かれていない場合は新たに申請する形で許可される場合もあります。

管理人の方

施工業者の出入りや資材の搬入で関りが出てきますので、リフォームする旨や内容を伝えるようにしましょう。

マンションでのキッチンリフォームは、キッチン資材の搬入で車両駐車や、荷下ろし、共用部位の養生等ありますので、管理人の方に協力いただけると円滑に進めることができます。



もりきゅうリフォームによるキッチンリフォームの解説コラム、いかがでしたでしょうか。検討を進める中で「相談したら検討していた商品よりも良いものが見つかった」「キッチン本体のリフォームだけではなく収納なども相談できたので、 生活スタイルの悩みが解決した」ということも多くございますので、ぜひ気になることがございましたら、もりきゅうリフォームにお問い合わせくださいませ!


もりきゅうリフォームのLINE簡単お見積り


はじめにお読みください 救急安心センターもりきゅう岩沼市、名取市で選ばれる理由とは? LINEで簡単お見積り LINE@友だち登録キャンペーン トイレリフォーム水道屋にまかせて! 浴室 トイレ 給湯器 洗面化粧台 浴室リフォーム キッチンリフォーム トイレリフォーム 洗面リフォーム 給湯器交換 エコキュート交換 小工事リフォーム LINEで簡単お見積り 岩沼市 コミュニティアイ掲載情報
アクセスマップ もりきゅうつれづれ日記 TOTO安心リモデルに加盟しています 住宅設備機器あんしん10年保証

水まわりのトラブル悪化してしまうその前に
  • 今すぐお電話!
  • 今すぐお電話!
  • 水まわり救急安心センターもりきゅうのLINE簡単お見積り